プロミスの店舗・自動契約機の利便性 プロミスの店舗・自動契約機の利便性

promise163

あまり利用することは無いかもしれませんが、プロミスは店舗や自動契約機を配置しています。店舗は一部の都道府県にのみ存在し、多くの方は店舗があるということを知らないかもしれません。自動契約機は基本的に全国に配置されていますが、利用できる場所が少ないために使うことが出来ない方というのは必ず出てくるはずです。
この店舗や自動契約機というのは利便性の高い場所と言えます。その理由はその場所でお金を借りるということまで済ませることが出来るからです。ネットから申込みをした場合、融資を受けてもお金を引き落とすにはATMを利用しなければなりませんが、自動契約機には付属のATMが近くにありますし、店舗ならその場でお金を貸してもらえるのです。しかも申込みに必要な物が全て揃っているため使いやすくなっています。
またリアルタイムでの相談が可能というのもいい所です。店舗の場合はその場で聞くことが可能ですし、自動契約機は電話器が存在するのでわからないことはオペレーターに直接連絡ができます。難しいことというのは1人で解決することが難しいことですので、こうした連絡手段が設けられているというのは利便性という部分に関わってくるでしょう。

ネットから申込みをした方にとっても、自動契約機の利便性は相当高いものと言えます。これはカードを受け取ることが出来るという点にありますが、カードさえ手に入れれば即日融資は15時以降であっても出来るのです。そのため審査だけを完了させて、後から自動契約機に行ってカードを受け取るということが可能となっています。これなら何処へ行ってもお金を借りることが出来るようになります。
利便性という部分では店舗や自動契約機というのは相当凄いものがあると言えるでしょう。困った時は実際に利用してみるのもいいですね。

プロミスの金利はこれ!他社と比較してわかった。
他社と違う金利設定を行っているのがプロミスの特徴と言われています。この会社の金利は4.5%から17.8%となっており、一般的なキャッシング会社と比較すると割と低いようにも感じられます。特に一番高い数字が18%ではないという所に注目してください。ギリギリまで高い数字を適応するのがキャッシングと言われている中で、プロミスはちょっとだけその数字を減らしているのです。
0.2%というのはそんなに影響のある数字だとは考えられないかもしれません。1万円を借りると20円の利息が発生しないということですから、良く考えると少ないとは言えないと思われるでしょう。しかしプロミスの金利というのはこの数字だからこそ、より高い利用限度額の時に金利が低く設定されるのです。従って0.2%という差は決して小さいわけではありません。むしろ高いお金を借りるほどその差は大きくなると言えます。
一番小さい数字ですが、これに関しては他社とほぼ変わりませんし、カードローンを提供している会社でも500万くらいなら同じような水準です。会社によっては5%近くを適応していることもあるため、比較的低金利で借りられるのは確かだと思います。ただこの数字は最大まで借りることが前提ですから、多くの方はその数字を見ることは無いでしょう。他社に比べて低めに設定されているのは確かですから、基本的に高いという気持ちは生まれてこないと思います。

他社と比較して考えられるのは、プロミスの金利はキャッシングの中では低く設定されているということです。もっと利息の発生するような金利が適応されているように感じられますが、実際には利用する側の立場に立った設定が行われています。なお適応されるのはこの範囲の中から、利用限度額を加味した数字となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です